第一次成長期は1歳から4歳までの時期を差していてこの間に赤ちゃんは2倍近くの身長に伸びます。この時期を過ぎると身長の伸びは緩やかになっていきますが、多少は身長が伸びていくので全く伸びないということはありません。その後身長が急に伸びだすのは思春期の時期でこれが第二次性徴期と呼ばれています。この時期が最も体が大聞くなる時期で最後の段階になり、その後は骨が伸びなくなり身長が変わらなくなります。ニッポン人の平均の背丈の高さは停滞しています。一九四八年に男性の成人の平均が160cmだったのが二〇一六年には170cmになっています。ここ50年程で10cmも平均が伸びています。しかし実は最近の二十年間はしばらく170cmで平均値は実は変わっていないのです。この調査を受けてニッポン人の身長は限界だ、いや限界ではないと意見が別れていてますが実際のところはどうなんでしょうか。背を高くするにはタンパク質と亜鉛が大事という説があります。成長期は毎食食べることが非常に効果的であるということも言われています。また運動が良いとも言われていますが運動をしている人が誰でも身長が伸びている訳ではないのですよね。運動と言えばすぐにスポーツが思い浮かびますがおこちゃまが外で遊んでいるだけでも良いとのことです。また睡眠も重要で背が高い人の中には何と一日平均10時間も寝ていたという調査もあります。遺伝と体長の結びつきは言われる程ないと言うことです。具体的に言えばたった25%しかないと言うことです。そうは言っても親が体長が大きい場合はそのおこちゃまも同様である場合が多いと思います。そして小さい親の場合はそのおこちゃまも小さいように思いますよね。結局実例から考えると体長と遺伝は非常に強い繋がりがあると思って良いでしょう。背を高くするためにサプリメントが大切なのか?サプリメントを食べることは不正解ではない筈です。背を高くするサプリメントは今多くの商品が販売されていて迷うかもしれません。ですが食事だけでは無理な場合もあるので自分に合ったサプリを選ぶことで成長するのを支えることができるでしょう。また体に問題がないことも確認してサプリメントを考慮するとgoodです。低身長のままの原因というのはテレビをずっと見ていたり、ゲームばかりしていることが一因です。テレビやゲームが成長を邪魔するのは睡眠が短くなるからです。低身長の要因である睡眠の短さは懸念事項であり、長く眠れる方が低身長を克服できるでしょう。それから個室で遊ぶだけの子は外に出たがらないので運動が足りなくなり低身長から抜け出せません。どんな人でも通常は18歳くらいまでに成長する期間が一区切り付くと捉えて良いです。まあ、割合は低いですが大人になっても背が伸びていく人がいるので身長が余り伸びなかった人でもポテンシャルはあるはずです。しかしながら成人したら人の背の高さは最終決定します。ですからそこまでにどらけで背が伸ばせるかが最重要な事柄だと言えるでしょう。そこでまともな情報により成長指せる努力が必須でありただ身長が伸びたいと願っていても効果はありません。栄養が不足している場合は身長の伸びを阻害してしまいます。ここで言う栄養とは骨を作る栄養素や骨を伸ばす栄養素になります。成長期にお菓子や好きな物だけ食べる偏食は成長を妨げてしまうので注意が必要です。またダイエットなどの食事制限も成長を阻害する要因になりますから考えものです。栄養不足を解消してバランス良く食べることを意識すると身長には良い影響があるでしょう。低身長の定義とは一説には100人並べた平均値の前から2人くらいの身長が低身長の定義になります。そうだとすると低身長とはあくまでも比較対象の話に過ぎません。最も身長が低い2人を低身長と定義していますがちがう国に行けば別に身長が低い訳ではなかったりします。ですから低身長だと定義されてもすぐに治療をするべきだとは言えないでしょう。余りにも身長が低い場合は治療が必要なのかもしれませんが。学生時代に背丈が伸びない原因はたくさんありますが生活のサイクルが乱れているケースでは良くなる可能性はあります。学生時代に成長ホルモンの分泌が中々来ない場合はそれ以後になることがありますが体内にトラブルがあって成長ホルモンが出ていない場合背の伸び方が悪いです。さらに生活習慣に問題がある場合は成長ホルモンの分泌が減っていきます。睡眠時間の不足、就寝時間が遅い人は成長ホルモンが出るサイクルが構築できないかもしれません。

成長期 身長 伸ばすの詳細はこちらです