身長が低いという定義とは身長順に100人子供を並べた時の前から2人が身長が低いという定義になります。すると身長が低いということは比較した結果に過ぎません。100人いれば必ず2人が身長が低いという定義になりますが違うグループで調べると身長が低いとはならない可能性があります。そういうことで身長が低いと言われても即、何らかの病気には当てはまりません。どう考えても身長が低すぎるという場合を除いて。日本人の平均的な背の高さはしばらく変わっていません。1940年代に平均身長が一六〇cmだったのが2016年には一七〇cmという結果です。この期間では平均で一〇cm程度高くなっています。ただし最近だけ見てみるとずっと変わりがありません。この事から日本人の平均値はここまでだという意見とそうではないという意見に意見に分かれていて、どちらが正しいのかは誰も分かっていません。中高生になっても低身長な理由はいろいろありますが生活態度のせいであればその後良くなる場合もあります。中高生の時期に成長ホルモンの分泌が無い場合はそれ以降の時期になりますが体内に問題があり成長ホルモンが放出されないと背丈が伸びません。そもそも普段の生活が不規則な場合は成長ホルモンの放出が少ないです。睡眠を十分に取っていない場合は成長ホルモンの放出が阻害されることがあります。背を高くするにはタンパク質と亜鉛が大事という説があります。成長期は毎食食べることが非常に効果的であるということも言われています。また運動が良いとも言われていますが運動をしている人が誰でも身長が伸びている訳ではありませんよね。運動と言えばすぐにスポーツが思い浮かびますが子供が外で遊んでいるだけでも良いとのことです。また睡眠も重要で背が高い人の中には何と一日平均10時間も寝ていたという調査もあります。誰でも18歳までに第二次性徴期が終わってしまうということが事実です。ただし20歳以上でも身長が伸びる人はいますから身長が低い人にもまだ可能性はあると言えます。ただし20歳前には人間の背の高さはほぼ決まります。その頃までにいかほど背丈を伸ばすかが鍵と言えるのかもしれません。ただし効果のある方法で背丈を伸ばすことが重要で誤ったことをしても背丈の伸びは難しいです。第一次成長期は1歳から始まる期間でこの時期に子供は倍くらいに背が伸びます。第一次性徴期が終わると背の伸びが弱まりますが若干の成長はありますので背が伸びないということではないです。この後にいきなり背が伸び出すのは小学校高学年の頃でこの時期から第二次性徴期になります。第二次性徴期が最も背が伸びる時期になりこの期間の後はほとんど背が伸びなくなります。食事の栄養バランスが足りない場合は背が伸びるのを邪魔してしまいます。この栄養とは体を作る栄養素ということです。背が伸びる時期にジャンクフードに偏った食事は背の伸びを阻害してしまうので問題です。そして痩せるために食事を控えることも背の伸びをストップさせかねませんので注意が必要です。栄養が偏らないように意識して食べると身長の伸びに一定の良い影響があると思います。背を伸ばすためにサプリメントが重要なのか?サプリメントを利用するのは問題ないと思います。成長サプリメントは様々な商品があって選択するのは難しいかもしれません。ただ普通の食事では摂取できない栄養価が高いサプリを選択することで背を伸ばす助けになるでしょう。そして栄養の他にも安全かどうかについても見てサプリメントを選択しましょう。上背と遺伝の相関性は余り無いという話です。遺伝が影響する確率は25パーしかなくそれ以外は後天的なものであるとか。でも疑問な点は多く、上背が大きい親の場合は子供も遺伝的に大きいことが多いです。反対に上背が小さい親からは上背が小さな子供になることが散見されています。そんなことで本当のところは上背と遺伝の関係や影響はとても高いと見ています。身長が伸びない理由としてはテレビやゲームが原因だと言われることがあります。テレビやゲームが悪いのは睡眠不足になるからのようです。成長にとって睡眠不足は天敵であり子供の頃から長時間眠った方が背が高くなる可能性が高まります。また中で遊ぶ子供は外で運動しなくなることが多いのでこれも身長が伸びない原因になってしまいます。

大学生には身長を伸ばすサプリが必要です